国立中興大学 インタビュー#32

大家好!Shuangです。

台湾の逢甲大學、国際経営・貿易学科の2年生です。

 

<インタビュー>

今回は国立中興大学に通うもこさんにインタビューしてきました!

急に知らない人からのお願いにも、快く協力してくれ、とても熱心に、たくさん質問に答えてくれました!

国立中興大学は逢甲大學とそんなに離れていないので、ぜひ近いうちに私のおすすめの鍋食べにいきましょう!😆

 

インタビューに快く協力してくれて本当に、ありがとうございました!

 

<インタビュー一覧>

台中 高雄 台南 台北
逢甲大學(私)

逢甲大學#2

逢甲大學#3

(PMP)逢甲大學#4

逢甲大學#5

逢甲大學#6

逢甲大學#7

東海大学

国立中興大学

高雄科技大学

文藻外語大学

文藻外語大学#2

長栄大学

台南大学

成功大学

中国文化大学
元実践大学 現文化服装学院

 

花蓮 新北市 桃園
国立東華大学 景文科技大学 中原大学

中原大学#2

中原大学#3

中原大学#4

中原大学#5

中原大学#6

中原大学#7

中原大学#8 

中原大学#9

中原大学#10

中原大学#11

中原大学#12

 


国立中興大学”モコ”さんにインタビューしてきました!


Sayaka
Sayaka
今回は快くインタビューに協力してくれてありがとうございます!

今日はよろしくお願いします!

簡単に自己紹介をお願いします。

国立中興大学、歴史学科、2年生のモコです。



Sayaka
Sayaka
台湾に留学しようと思ったきっかけはなんですか?

高校2年生の頃から、先生からの

「国立大学に進みなさい」

みたいなプレッシャーがあって・・・

学校の授業も受験のために切り替わりつつあって、逆に

・・・大学に行きたくないなぁ・・・

という気持ちになりつつありました。

就職を見据えて大学選びをしようと思ったらどこの大学学科に行けばいいかますますわからなくなっていました。

そんな時の夏頃、母が弾丸旅行に連れて行ってくれて、そこで台湾のよさを知りました。

母に「留学してみてもいいかもしれないね」と言ってもらえたので、

中国語を話せるようになって、留学4年間成功させたらかなりカッコ良いのでは!?

という思いから留学することを決意しました 😂

台湾の第一印象

・活気がある

・美味しい食べ物がたくさん

・台湾の方の優しさ

それ以外にも、中学生の頃から、外国文化や歴史を題材とした「ヘタリア」という漫画が大好きでした。その漫画の作者さんが

歴史の資料をたくさん参考にした上で、実際にその外国に行って、文化や歴史に触れている。

と言っていたので、もし日本の大学に入ったとしても、留学はしたいなと思っていました。

なので漫画の影響もかなり強いです。



Sayaka
Sayaka

中国語の勉強はいつごろ始めましたか?

中国語学習で特に難しかったことはなんですか?

中国語を学び始めたのは、高校2年生の三学期からです。

中国語の予備校に通うまで、中国語に全く触れた事がなかったので、ゼロからのスタートでした。

発音が1番難しかったです!

留学をしている今でも、やっぱり発音がまだ弱いなと思います。

読み書きはだんだん慣れてくるのですが、中国語の発音は、私にとって微妙な違いのものばかりで、予備校の先生から指摘されても違いがよくわからないことがよくありました。

そこが学習面で1番難しかった部分です。

今でも、どこの人なの?と現地の方から聞かれるので、まだ現地人のような発音にはなっていません。

単語や文法は、中国語の文章をたくさん読むと自然と慣れてきたり覚えてきたり・・・します!

聞く力は

中国語の映画・ニュースを見て鍛えました。

でも台湾にきたら全然レベルが違かったので、やっぱり現地で生活を通して中国語を使うのが1番の学習法だなと思いました。

台湾に来てから2、3ヶ月ほどで生活するのが苦にならない程度にはなりました。



Sayaka
Sayaka

大学の生活や大学の特徴、大学生活について教えてください!

授業時間を自分で決められるので(必修科目以外)、中学、高校よりは自由です!

1番変わったことといえば、中学・高校の頃は1週間ほど前からテスト勉強を始めたのですが、今はテスト何週間前とか関係なく、こつこつと授業のまとめをするようになりました。

私の好きな勉強方法は、自分でノートをまとめてそれを暗記するという方法なので、こつこつ勉強しないとテストに間に合わなくなってしまいます・・・😅

ただテスト期間以外は、レポートも重なってくるので、手帳に今日やることリストを書いています。

達成できなくても、自分のやるべきことを視覚的に確認できるようにすることで、焦って取り組めるかなと思って続けています 笑

完了したタスクには線を引いて達成感を得て、自分のモチベーションにつなげるようにしています。

Sayaka
Sayaka
それわかります!私もやるべきことを紙に書き視覚化することで、

やること→やらなければいけないこと・やりたいこと

を明白にし、どれくらいの時間が必要なのかなど、計画をしっかり立てる方が効率よく動けます!

寝る前に次の日の予定を立てるようにしているのですが、私の場合自分の許容範囲が分かっていないので、毎回たくさんのやることリストを作りすぎ、未来の・その計画を実行しなければいけない自分が困っています 笑

部活やサークルは入っていないのですが、バイトを2年生から始めました。

2年生の初めに教授のお手伝い(主にデータ整理と視聴のスキャン)を初めて、2学期から日本語の家庭教師を始めました。

2つのバイトを掛け持ちしていますが、どちらも自分のペースで進められるものなので、勉強との両立は今のところできていると思います・・・!

バイトはお金を稼ぐというよりも、経験を積むという目的でやっています。

大学の特徴はアヒルがたくさんいて、湖が綺麗なところです。

また、農業や動物医学の分野に特化されていると思います。

至る所に自然があります。

しかし、駅も近く、食事をするところもたくさんあるので、生活するにも便利です。

留学経験豊富な先生方がたくさんいて、留学の大変さを知っているので、比較的留学生に優しいなと感じています。

奨学金制度、補習もしっかりしているので、とにかくすごく自由に伸び伸びできています!

Sayaka
Sayaka
逢甲大學にも小さな湖とアヒルがいます!台湾は学校に湖を作ってアヒルを育てるのが好きなのか・・・?

でも私は個人的に湖を作ることで蚊が増えてしまわないか心配です 😂

Sayaka
Sayaka
台湾留学でぶつかった壁などがあれば教えてください。

台湾留学に来てぶつかった壁は大きく分けて3つあります。

1つ目はテストです。

自分の好きな分野を勉強しているので、テストは難しくても案外面白かったり楽しかったりするので苦ではないです。

でもテストの方法が文章をひたすら書く(申論題)ものばかりで、時間制限があって焦ってしまうと、中国語がかなりぐちゃぐちゃになってしまいます。

文法とか漢字とか、とっさにと書こうとするとこれでいいのか!?ってなる時があります 笑

2年生になって少しは落ち着いて書けるようになりましたが、

ぐちゃぐちゃになった中国語の文章でもしっかりみてくれて、点数をつけてくれる大学の先生方には感謝しかありません 笑

2個目は授業での中国語です。

今はだいぶ慣れて困ることはほぼなくなったのですが、1年生の最初の頃は落ち込むほど聞き取れませんでした。

先生の喋るスピード、中国語の固有名詞など、全くわからない!

って」なってしまって授業後に教科書を見返して意味を調べて・・・をひたすら繰り返していました。

ある教授はパワポも教科書もなかったので、台湾人の友達にノートを写させてもらい、自分の中で理解を深めていくという方法をとりました。

それでもわからない!という時は教授に時間を開けてもらい、直接質問しにいきました。

今でも自分で理解するのは大前提の上で、それでも理解できない場合はこの2つの方法をとっています。

3個目は個人的な話になりますが、交通機関になかなか慣れません。

私は免許を持っていないので公共交通機関を普段使っています。大学の周りだとバスが主流です。

バスの時間が固定されていないし、バスが進むスピードが速いので、停車ボタンを遅れて押してしまったり、横断歩道をわたる時、左右をしっかり確認しないと轢かれそうになるので、台湾の交通事情が個人的に怖いです。



Sayaka
Sayaka
台湾の大学に進学してよかったと思うことはなんですか?

台湾留学に来てよかったと思うことは今まで知らなかったことをたくさん経験し、学ぶことができたことです。

台湾に来て、台湾の子だけでなく他国の様々な人たちと交流ができ、それぞれの国の文化や習慣、言語(本格的に学習するのではなく単語を少し覚える程度)も知ることができて、今まで映画や旅行番組、漫画などで見ていたのと同じような経験をすることもあります!

外国語を少しでも使っていると、すごく喜んでもらえるし、交流が深まると思います。

今はマレーシア語、マカオ語と台湾語の単語を教えてもらいましたが、どれも響きがとても可愛いです。

日本を客観的に見つめ直せるようにもなりました。

今のコロナに対する対応や、日本の学校で習う歴史と、台湾で習う日本の歴史は少し違うので、プラスの面もマイナスの面もどちらもしっかり学べます。

生活面だと、程よくゆるくて便利です。

例えばご飯屋さんに行って、たまたまお財布を忘れてお金を払えない!と注文した後で気づいた時に、

また来た時に払ったら良いよ!

ですましてくれた経験があります!

(後日しっかり払いました 😂)

悠遊卡の残金が足りなくても、後でチャージしたら良いよ。とバスに乗せてくれたりなど・・・

美容院などの予約も基本Messengerで直接お店とやりとりができちゃうので、堅苦しい雰囲気がなくて好きです!



Sayaka
Sayaka

モコさんの将来の夢・目標を教えてください。

将来は台湾で仕事をしたいです!

というのも留学で身につけた台湾の感覚と中国語のスキルが衰えないようにしたいからです!

また、台湾が好きになったのも一つの理由です!

博物館で歴史の遺物を紹介する仕事につきたいです!

台湾旅行で国立故宮博物館に行った時に、歴史の絵や骨董品についてを日本語で紹介してくれた台湾人の案内がすごく面白く、時代背景やなぜこの作品が作られたのか次々興味が湧いてきて、質問させてもらいました。その時、博物館を回るのが特にとても楽しかったです。

なので私もそんな人になりたくて、このお仕事につきたいと思うようになりました。



Sayaka
Sayaka
進路に迷っている学生、台湾留学を決め勉強を始めた後輩へ一言お願いします!

留学と聞くと辛い、しんどいことばかりと思われるかもしれませんが、自分のスキルが上がることを直接実感できます。

また、不安に思っていることも、意外となんとかなることが多いです!

私は好きなことを学べて、いろいろな国の方と交流できるので、台湾に来てよかったなと思っています。

また、焦って右往左往するのも留学の醍醐味かなと思っています。

迷っている方も、留学を決めた方も、頑張って下さい!



Sayaka
Sayaka
今回はこんなにたくさん、真剣に答えてくれてありがとうございました!

台湾の博物館、あまり行ったことないので、ぜひ今度私の博物館ツアーガイドになってください!

楽しみにしています😆

 

国立中興大学、歴史学科、2年生のモコさんにインタビューしてきました!

快く協力してくれてありがとうございました!

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました